2008-11-27

アンクルホルモン

ちーは、約3年前にちーを保護した友人から引き取りました。


引き取った当初はまだ生後2週間位で、哺乳瓶でミルクをあげたり、おしっこも促してあげないとできぬほどの子猫でした。

ごろう05-10-23_15-36.jpg


今では体重5.5キロ(かなり重い、というかとても長い)、立派に育ってくれました





しかし、
実はこの彼の成長には、裏話があるのです。


5ヶ月前に第5子のぽぽが来るまで、彼はいたって普通サイズの和猫のオスでした。


ぽぽはわが家で保護される直前まで野良猫の母と兄弟と一緒にいたため、自分は猫という認識があったようで、ちーがいると安心するようでした。

バリケンの中からちーの姿を見かけただけで、グルグル言い始めるほどでした。


ぽぽは、ちーのことを「アンクル(伯父さん)」と呼びました。


アンクルと呼ばれたちーは、ぽぽを守らなければいけない気持ちが芽生えたようでした。


「体はアフガン心はシュナウザー」のごーが、ぽぽとお近づきになりたくてしつこく追い回すと、アンクルちーごーを追い払ってぽぽを守るのです!


この行動には、飼い主も驚きました。





それからです、ちーの体がぐんぐん成長しはじめたのは。


わが家ではこの現象を、「アンクルホルモン(成長ホルモンの一種)分泌による第3(?)次成長」と呼んでいます


ちーとぽー4







スポンサーサイト

テーマ : 猫のいる生活
ジャンル : ペット

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

愛情いっぱい♪

早速、訪問させていただきました。
共に暮らす動物たちは先天的なものよりも後天的な影響で性格形成されますよね。
アンクルホルモンのネーミング素晴らしいです。
メールの件、心しておきますね。
生き物を受け止める気持ちの在り方も少しづつ良い方向に向かっていくと信じて私自身も出来うる限りの努力をしていきたいと思っています。
今後ともよろしくお願いいたします。

京さまへ

 京さま:

 ご訪問ありがとうございます。

 こんな風に、わが家のかわいいヤツらによる日々の出来事を
 おもしろ目線から書き残して行きたいと思っていますので、
 またぜひご訪問ください。

 京さんのご活動に、少しだけでもお役に立てたらとも思っております。
 こちらこそ今後とも宜しくお願いいたします。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

アンクルデカ

さしずめゴーのおじはおれ様だな。

アンクルでか

ごーの叔父はくにおってぃーだが、

ごーのアンクルはデカだなv-218
プロフィール

どんちっち

Author:どんちっち
シュナのぶーとぱー
アフガンのごー
和猫のちーとぽー
との生活で
世界一の癒しを
もらっています
’09年5月にアフガンの
レイが加わりました

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR