2010-12-05

ジュリくん、空へ



実家の19歳、トイプードルのジュリくん、



金曜日の明け方、お空に帰りました。



PO20100515_0006.jpg





金曜は、明け方から大荒れの天気で、



激しい雨、風、雷に見舞われていた最中、



気づかれないうちに、そっと一人で旅立ったそうです。





約4年間の老犬介護。この1年はまったく寝たきりのジュリくんでした。



最後の日、夜中の1時過ぎにいつものように鳴くジュリに、



タオルでお顔をキレイに拭いてやると、とてもいい顔をしたそうで、



その顔が忘れられないと母は言っていました。







ジュリは、私の父が再婚した相手のワンコさんですので、



実は私は全く一緒に過ごした時間がないんです。



なので、私が知ってるのは既に老犬のジュリ。



甘えん坊で独占欲が強く、母がいないと水も飲みませんでした。








母の介護はすばらしかったです。



精一杯のことをしたから、寂しくはないそうです。



みんな、お疲れ様でした。



ジュリは、お空から大好きな家族を見守ってくれることでしょう。



May rest in peace.





スポンサーサイト

テーマ : わんことの生活
ジャンル : ペット

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

お疲れさまでした

タイトルに何を書けばよいのかわりませんが、色々な意味を込めてお疲れ様でした。
私もエグレアの介護で3年近くの時間を過ごしましたが、アフガンで16歳は相当の長寿。
思い残したことはないと心から思いながら、暫くは介護の生活パターンが体から抜けず、夜中に何度も目が覚めたものでした。
気丈なご様子のお母様も、暫くは色々な思いがあるでしょう...

エグレアとのお別れからあっという間に数年が過ぎ、新たな家族が増え、そして今またオルフェのために介護をしています
今ブログを拝見し、じゅりちゃんという仲間を失ったような思いと同時に、苦しまなかったご様子に安心し、そして天寿を全うできた事の素晴らしさを感じています。
じゅりちゃんのご冥福を心よりお祈りします。

えるぐれあさま

温かなお言葉、ありがとうございます。
私も、「お疲れ様でした」以外に浮かばないのですよ。
ジュリも実家の両親も喜ぶでしょう、伝えておきますね。

大きな痙攣を起こしてから一週間でした。
食べたり食べなかったりで、両親もそろそろお別れかなと感じ、
私達娘達も数日前に様子を見に行けたので、よかったです。
お別れが突然では、受け入れるまでに時間が長くかかってしまうので、
実家の場合、老衰は幸せと思っているようです。
ただ、それでも、寂しいでしょうね。

ジュリチャン長生きでしたね。苦しまずに亡くなったご様子なので、よかったんじゃないかなあと思います。きっと夢をみながらそのまま旅だったんでしょうね。
ついいろいろ思いだし、胸がいっぱいになります。

ボーリャさま

ジュリちゃん、ホントに長生きでした。
ただ介護の年数も、獣医さんが信じられないほど長かったので、
実家の母は大変だったと思います。
母は、雨音がすごかったので、もしかしたら鳴いていたのかもしれないのに聞こえなかっただけかもしれない、と悔やんでいました。
そうですよね、私もマシュクのこと思い出しました(アルルちゃんは知り合う前なので)。
ジュリくんも幸せだったと思います。

No title

ジュリちゃん♪ 一生懸命、頑張ってくれましたよね。大好きなお母様と過ごせ、周りの温かい眼差し、思いをきっと感じて安心できたことと思います。きっと守護霊になっていつまでも見守ってくれることと思います。
自由に走り回っているジュリちゃん、美味しい物を食べて心穏やかな場所で皆のことを見守ってね。

京さま

温かいお言葉、ありがとうございます。
父は「みんなも大変だったけど、ジュリも辛かっただろう」と言ってました。
ジュリは本当に母一筋だったので、
再婚相手の父に母を託すのが不本意で、頑張っていたんだと思います。
なので、ジュリを安心させるようしっかりやれ!と父には言っています。
虹の橋でみんなと再会できるでしょう。それまで見守ってほしいです。
プロフィール

どんちっち

Author:どんちっち
シュナのぶーとぱー
アフガンのごー
和猫のちーとぽー
との生活で
世界一の癒しを
もらっています
’09年5月にアフガンの
レイが加わりました

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR