--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009-06-27

祝!一周年


ぽぽちゃんです。

PICT0002_3.jpg 

昨日は、ぽぽが家族になって一周年の記念日でした





ぽぽは、わが家の向かいのマンションの敷地をHomegroundとする、

茶白の母(ぽぽマザーと呼んでます)と、黒白の父(ぽぽダディーと呼んでます)の子で、

兄弟/姉妹は茶白が1匹、三毛が1匹でした。

真向かいのマンション近辺をウロチョロする子猫が3匹いることを、

お父さんはずっと知っていたのですが、私は遭遇することがなく、

極小さいころのぽぽと兄弟を見たことはありませんでした。


ある日の夕方。

スーパーまで買い物に行くためお父さんとマンションの方へ出ると、

変わった色のスモークがかった三毛猫と、普通の三毛猫を見かけました。

スモーク三毛のあまりのかわいさに、そーっと近づいて捕まえようとすると、

すばやく逃げられました。

(後にお父さんはこの時の様子をMoby Dickを狙うAhab船長のようだったと評しました)

これで私の中の何かに火がついたのは、事実ですが、

この時は衝動的に捕まえようとしただけで、深く考えずスーパーに向かいました。


買い物を終え、空腹だったのでお惣菜の黒コショウのたっぷり付いた

フライドポテトを食べながら歩いて帰ってくると、

子猫はまだ同じ場所にいました。

私達が食べ物を持っていると気づいたぽぽマザーがまず寄ってきて、

試しにポテトをあげてみると、ふんだんな黒コショウにも関わらず、

空腹のために迷いもせずに食べました。

それを見ていた子猫たちも、同じように食べ始めました。


あんなものでも食べるくらい、あの子猫たちは空腹なんだ・・・


私達は家に戻って、ちーのために買ってあった缶詰と、

カリカリフードを持って再び外へ出て、

わが家の敷地内の数箇所に置きました。


数時間後。


外で仕事の道具を片付けていたお父さんから、

洗い物をしていた私に電話が入りました。

「敷地内にいるのになぜ電話?」と不思議に思い、窓から見てみると、

お父さんが手に何かをつかんで、右手を高く上げてこちらを見ながら、


「捕まっちゃった

と言うのです。

急いで見に行くと、紛れもないあの変わった色の三毛猫でした。

お父さんが子猫に向かって「おいで」と言ったら

チョコチョコっと寄ってきたとのことでした。


ハプニング的に捕まってしまった子猫でしたし、

母猫も兄弟も一緒にいるのがわかっていたので、

無理に引き離すこともないとも思ったのですが、

このまま食べれずに死んでしまったり、腐ったものを食べて体を壊したり、

事故にあったり、怪我をしても誰も病院に連れて行ってくれなかったり、

このままでは長く生きられないだろうという思いと、

(三毛猫なので)メスだということは、今後もまた更に

誰にも面倒を見てもらえない猫を増やすことになる、という思いから、

わが家の子とすることに決めました。

R0010514_2.jpg



その晩は、ぽぽマザーがぽぽを探している声が聞こえ、

ぽぽはここにいるよ~~~」と泣きましたが、

アンクルちーがいたので、長くは泣きませんでした。

080625_225811.jpg



あれから一年・・・


野良猫だったために警戒心が強く、なかなか心を開いてくれなかったぽぽが、


自ら進んで私達の膝の上に来てくれた時は嬉しかったな~


外での生活を知っているのに外には出たがらず、


ひたすら食べ物にすさまじい執着を見せるぽぽですけど、

(野良の頃はマシュマロも食べていたらしい

PICT0001_2.jpg 


わが家にはなくてはならない存在です

PICT0003_3.jpg 

↑最近ずっとここにいます







スポンサーサイト

テーマ : 猫のいる生活
ジャンル : ペット

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

どんちっち

Author:どんちっち
シュナのぶーとぱー
アフガンのごー
和猫のちーとぽー
との生活で
世界一の癒しを
もらっています
’09年5月にアフガンの
レイが加わりました

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。